山下事務所 所員のブログ
税理士山下事務所の所員が持ち回りで日々の出来事を綴っていきます。
役員や従業員が自動車事故で他人に損害を与えた場合に、事故を起こした本人のほか、その本人の支払能力によっては、法人に対しても、管理責任を理由に損害賠償をすることがあります。


法人がその損害賠償金を支出した場合には、損害賠償金の対象となった行為等の業務の遂行との関連性、故意又は重過失の有無により、次のように取り扱われます。


法人の業務の遂行に関連するものであり、かつ、故意又は重過失がない場合は、その支出した損害賠償金の額は給与以外の損金の額に算入し、一方、法人の業務の遂行に関連するものであるが故意又は重過失がある場合や、法人の業務の遂行に関連しない場合は、その支出した損害賠償金に相当する金額は役員又は使用人に対する債権となります。


故意又は重過失の有無の判定は難しいような気がしますが、無免許運転や飲酒運転などのような明らかに故意や重過失があった場合を除き常識的判断でよいと考えていいようです。


なお、自動車事故が法人の業務の遂行に関連するものであり、かつ、故意又は重過失がない場合は、当該損害賠償金に相当する保険金額を益金に算入することになります。その金額が未確定の場合には、保険金の請求金額を見積もって未収金として計上し、益金に算入する必要があるので、注意したいところです。




伊藤




税金のことでお困りですか?税理士 山下事務所にご相談ください!


スポンサーサイト

プロフィール

税理士 山下事務所 所員

Author:税理士 山下事務所 所員
税理士 山下事務所 
東京都中野区本町3-30-14
http://www.office-y-y.com/

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード