山下事務所 所員のブログ
税理士山下事務所の所員が持ち回りで日々の出来事を綴っていきます。
今日は、昨日と違って暖かいですね^^
眠くなりそうです。


今回は貸倒れについて書きたいと思います。

 売掛金やその他の債権が貸倒れとなった時は、貸倒れとなった金額に対応する消費税額を貸倒れの発生した課税期間の売上げに対する消費税額から控除します。

 控除の対象となる貸倒れは、消費税の課税対象となる取引の売掛金やその他の債権に限られます。


 貸倒れとして認められる主な例は次のとおり。

① 更生計画認可の決定、再生計画認可の決定などにより債権の切捨てがあったこと。

② 債務者の財産状況、支払能力等からみてその債務者が債務の全額を弁済できないことが明らかであること。

③ 法令の規定による整理手続によらない関係者の協議決定で、一定の要件に該当する基準により債権の切捨て
  があったこと。

④ 債務者の債務超過の状態が相当期間継続し、その債権の弁済を受けることができないと認められる場合に、
  その債務者に対し書面により債務の免除を行ったこと。

 貸倒れの金額に消費税が含まれている場合には、貸倒れの金額の合計額に105分の4を掛けて貸倒れとなった売掛金等に含まれる消費税額を計算し、その消費税額につき1円未満の端数を切り捨てた金額が課税売上げに対する消費税額から控除する消費税額となります。
 また、平成9年3月31日までの売掛金やその他の債権が貸倒れとなった場合には、貸倒れの金額に合計額に103分の3を掛けて課税売上に対する消費税の計算をして下さい。
 

 貸倒れとして消費税額を控除するためには、債権の切捨ての事実を証する書類その他貸倒れの事実を明らかにする書面の保存をしておいて下さい。



長谷川


税金のことでお困りですか?税理士 山下事務所にご相談ください!

スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

税理士 山下事務所 所員

Author:税理士 山下事務所 所員
税理士 山下事務所 
東京都中野区本町3-30-14
http://www.office-y-y.com/

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード