山下事務所 所員のブログ
税理士山下事務所の所員が持ち回りで日々の出来事を綴っていきます。
今日は、建物付土地を購入した場合の気をつけたい処理について書いていきます。
 

更地は建物付土地より高額なことも多いので、建物付土地を購入した後に建物を取り壊して更地にする場合が考えられます。
 

このような場合の土地取得時の処理は、取得後1年以内に建物を取り壊して利用する目的であることが明らかであると認められるときには、法人税の基本通達7-3-6により、建物の価額と取壊費用は土地の取得価額に算入することになっています。
 

これを消費税で考えると、土地の購入については非課税仕入となり仕入税額控除の対象となりません。
しかし、土地の取得価額に算入された建物の価額や取壊費用は、非課税仕入となるのでしょうか?
 
 

答えは、非課税仕入にはなりません。
建物の取得や取壊費用は課税取引に該当するため、仕入税額控除の対象となります。
法人税の取り扱いと消費税の取り扱いが混ざらないよう注意が必要です。


風間

スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

税理士 山下事務所 所員

Author:税理士 山下事務所 所員
税理士 山下事務所 
東京都中野区本町3-30-14
http://www.office-y-y.com/

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード