山下事務所 所員のブログ
税理士山下事務所の所員が持ち回りで日々の出来事を綴っていきます。
震災以降太陽光発電装置を自宅に取り付けた方、寒さ対策で断熱性を高める工事を自宅に施した方など、省エネ改修工事をした方がいらっしゃると思います。


そのような方は、所得税の確定申告で、改修工事に要した費用の額の10%に相当する金額を、その年分の所得税額から控除することができます。


この所得税の税額控除は、自宅に省エネ改修工事を行い、その自宅を平成21年4月1日~平成24年12月31日までの間に住み始めた場合に適用することができます。


但し、平成23年分の確定申告で、この税額控除を適用した場合には、平成24年分の確定申告においては適用できません。



この税額控除を適用するための要件は、下記の通りです。


①自己が所有する家屋について、一般省エネ改修工事をして、平成21年4月1日~平成24年12月31日までの間に自己の居住の用に供していること。


②一般省エネ改修工事の日から6ヶ月以内に居住の用に供していること。


③この税額控除を受ける年分の合計所得金額が、3千万円以下であること。


④次に掲げる省エネ改修工事であること。

イ、すべての居住の窓全部の改修工事、又はその工事と併せて行う床の断熱工事、天井の断熱工事若しくは壁の断熱工事で、その改修部位の省エネ性能がいずれも平成11年基準以上となる工事

ロ、イの工事と併せて行う当該家屋と一体となって効用を果たす一定の太陽光発電装置などの設備の取替え又は取り付けに係る工事


⑤一般省エネ改修工事の費用の額が30万円を超えるものであること。


⑥工事をした後の住宅の床面積が50平方メートル以上であり、床面積の2分の1以上の部分が専ら自己の居住の用に供するものであること。


⑦その工事費用の2分の1以上の額が自己の居住用部分の工事費用であること。



以上の要件に当てはまる方は、今度の確定申告で適用してみてはいかがでしょうか?



栗原

スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

税理士 山下事務所 所員

Author:税理士 山下事務所 所員
税理士 山下事務所 
東京都中野区本町3-30-14
http://www.office-y-y.com/

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード