山下事務所 所員のブログ
税理士山下事務所の所員が持ち回りで日々の出来事を綴っていきます。
ここ1年くらい、経済誌などで『相続税』についての特集を
目にする機会が増えてきました。


今回は相続財産の6割を占めると言われている
土地にまつわるマメ知識をご紹介したいと思います。


土地の賃貸については、2つの方法があります。


『賃貸借』と『使用貸借』です。


『賃貸借』は事務所・駐車場などを借りる等の一般的な土地の貸し借りで、
有償で土地の貸し借りを行う方法です。


それに対して、めずらしいケースとはなりますが、無償(ただ同然)で、
土地の貸し借りを行うのが『使用貸借』です。


ただし、地主さんにとっては、『使用貸借』という評価が意外な負担となります。


なぜならば、『賃貸借』は相続税法上、一定の評価減(首都圏では約2割減)を
受けることができることに対し、『使用貸借』は100%評価となってしまうからです。
(自分の土地の上に、アパートを建てる分には問題ないのですが、
法人をつくって法人に土地を貸して、個人名義の土地の上に、
法人名義の建物を建てるときに要注意です)

先ほど、『使用貸借』は無償(ただ同然)という表現をさせていただきましたが、
「ただ同然」ということも注意が必要です。
(固定資産税相当額のみを支払う場合にも、『使用貸借』とみなされるケースが
あるためご注意ください。賃貸借にするためには、固定資産税の2~3倍が必要と言われています)


これから確定申告の時期となりますので、
担当者と打ち合わせの際に、一度、ご質問いただくのも手であると思います。


奥山

相続税のことでお困りですか?税理士 山下事務所にご相談ください!

スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

税理士 山下事務所 所員

Author:税理士 山下事務所 所員
税理士 山下事務所 
東京都中野区本町3-30-14
http://www.office-y-y.com/

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード