山下事務所 所員のブログ
税理士山下事務所の所員が持ち回りで日々の出来事を綴っていきます。
久々にブログを書きます飯島でございます。


本日も書籍紹介です。


司馬遼太郎の「最後の将軍-徳川慶喜」です。


徳川幕府の15代将軍だった人物についての時代小説です。
徳川慶喜を、才知に富んだ人物ではあるが、感情的に不可解な人物として描いています。
慶喜自身、生母が有栖川宮家から嫁いだ上に、幼い頃から水戸史観に大きな影響を受けたため、
後世の逆賊の汚名を避けるために薩長に対し絶対恭順をしたと説明されています。


こういう歴史上の人物を現代人の感覚で理解しようとするのはそもそも無理があるとは思いますが、
強いて現代にいたらと仮定しても、非常に有能な万能タイプの人間になると思います。


ただ、もともと生まれがとびきりの貴族階級のため、貪欲な野心というものが全く無く、
創業社長業には向かないのかなと感じました。


文中の表現で「明治維新の最大の功労者は大政奉還を決意した徳川慶喜である」という痛烈な皮肉の表現がありました。
当代きっての有能な人間であったにも拘らず、死後何世紀も微妙な人物評が残ってしまい、本人は複雑だろうなと思います。



税金のことでお困りですか?税理士 山下事務所にご相談ください!
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

税理士 山下事務所 所員

Author:税理士 山下事務所 所員
税理士 山下事務所 
東京都中野区本町3-30-14
http://www.office-y-y.com/

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード