山下事務所 所員のブログ
税理士山下事務所の所員が持ち回りで日々の出来事を綴っていきます。
接待ゴルフには絶好のシーズンになってきた。好況期に比べるとずいぶん減ったももの、得意先の接待はまだまだ健在。業績不振に喘ぐ会社でも、営業部門だけは接待のための予算が割り当てられていることもあるとか。こうした会社に限らずとも、得意先の接待が恒常化している会社なら押さえておきたいのが交際費に関する税務だ。交際費は原則として損金不算入扱い。このため多くの会社では、会議費や広告宣伝費など交際費と隣接する損金算入可能な費用にねじ込もうとあれこれ理由を考える。しかし、交際費の「5千円基準」が出来てからは状況が一変。取引先の接待にかかった飲食費のうち、1人当たり1回5千円以下のものであれば、その支出の実態がコテコテの接待でも交際費から除外されるようになったからだ。ただし、判定基準はかなり細かい。例えば、飲食の費用にはテーブルチャージやサービス料など付随費用は含まれるが、取引先などを飲食店までタクシーで送迎するための費用は含めない。また、1次会で料理店、2次会でスナックといったケースでは、「まったく別の業態の飲食店を利用するなどして各行為が単独で行われているなら、各店でのそれぞれの飲食費について1人当たり5千円以下の判定をする」ただし、同じ店で1次会、2次会を行う場合には、「合計金額で5千円以下かどうかを判定する」なお、接待ゴルフの中での飲食は、ゴルフという一連の行為の一部であるため交際費から除外できないので注意が必要。ただし、ゴルフガ終了して解散後にちょっと一杯ということであれば、金額要件さえ満たせば交際費から除外できる飲食費となる。

                                  前田
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

税理士 山下事務所 所員

Author:税理士 山下事務所 所員
税理士 山下事務所 
東京都中野区本町3-30-14
http://www.office-y-y.com/

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード