山下事務所 所員のブログ
税理士山下事務所の所員が持ち回りで日々の出来事を綴っていきます。
こんにちは。飯島です。
今日は最近読んだ本を紹介します。


司馬遼太郎さんの「功名が辻」です。
以下、あらすじ。
『天下へ華々しく進む織田信長の軍勢の中に、「ぼろぼろ伊右衛門」と呼ばれる男山内伊右衛門一豊がいた。そんな彼のもとに、千代という美しい女子が嫁いできた。千代の夢は伊右衛門が一国一城の主となること。千代は伊右衛門を上手く励まし、秘蔵の黄金で馬を買わせるなどして盛り立て、少しずつではあるが立身させていく。』
(Wikipediaより抜粋)


数年前、仲間由紀恵(千代)と上川隆也(山内一豊)主演で大河ドラマになりましたね。


img_top.jpg



流石、司馬さんの小説なので読み易くストーリーも面白く、一気に読了しました。
現代のサラリーマンとしての生き方の参考になる部分が多いと思いました。
主役の山内一豊は、貧しい育ちから徐々に成り上がっていくわけですが、他の早く出世していく同僚達に比べれば、特別な才能があるわけではありません。
そういう「普通の男」が賢い奥さんと二人三脚で戦国時代を生きていくというお話です。


充分、現代に通じますよね。
僕も思わず家内に読むことを勧めましたよ。
千代のように亭主を支えてくれ、という意味で。



さて、山内一豊の妻(千代)といえば、黄金十両で馬を買った話が有名です。
亭主の出世のために、実家から持たされた虎の子の黄金十両で、名馬を買ってあげるというお話ですね。
しかし一豊は、千代が黄金十両を出すと言うと、最初怒るんですね。
「ずっと一緒に貧乏に耐えてきたのに、十両も隠し持ってるなんてマジありえないんだけど。(意訳)」と言って。
このように大変器が小さい男のように描かれてしまってます。


まあ一豊の気持ちも分からなくはないですね。現代に例えれば、
夫婦と従業員2-3人で年商3,000万円くらいの会社をやっています。
社長夫婦も月の給料30万円ぐらいで頑張っています。
銀行への返済もあり、常にお金苦しいです・・・ という状況で、


奥さんからいきなり「私、預金一億円持ってま~す。」
と、言われたら、それはビックリするし、男としては情けない思いがしますよね。



と、いうわけで今回の書籍紹介はこれまで。
次回も司馬ものを紹介する予定です。




税金のご相談は、税理士 山下事務所まで!
スポンサーサイト
銀魂風に音読どうぞ
一億円!?ありえないんですけどー!!マジありえないんですけどー!!
だって牛丼大盛を我慢したんですよ。「特のりタル」食べたいところ「のり弁」で我慢したんですよ。味玉・叉焼トッピングしたいところラーメンで我慢したんですよ。
そこをなに!?一億円!?ホントありえないんですけどー!!
馬!?そこらの農家から買ってきたっていいじゃん!?
ほら!なんだったら地方競馬引退したやつだっていいでしょ!?きっとトリミングしたら見た目分からないってば!!
も~うオレ我慢しないよ!!
大盛にしちゃうよ。トッピングだってバンバンやっちゃうよ。ブックオフ止めて新刊買っちゃいますからねーだ!!
【2012/10/15 14:15】 URL | つっこみ #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

税理士 山下事務所 所員

Author:税理士 山下事務所 所員
税理士 山下事務所 
東京都中野区本町3-30-14
http://www.office-y-y.com/

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード