山下事務所 所員のブログ
税理士山下事務所の所員が持ち回りで日々の出来事を綴っていきます。
相続で承継した宅地について、被相続人が亡くなる直前まで住んでいた、または、事業の用に供していた場合、相続人はその土地に関する相続税の評価額を減額する特例があります。「小規模宅地の特例」


被相続人が病気療養の為に入院し、退院することなく亡くなってしまった場合で相続開始の直前には空き家となっていたときは、特例の対象にならないかというと、そうではありません。

建物が入院後に他の用途に使用されるといった特段の事情がない限り、被相続人の生活の拠点は、その建物に置かれていると判断し、空き家となっていた期間を問わず、建物の敷地は相続開始の直前に被相続人の居住のため使用されていた宅地に該当することになります。




また、被相続人が老人ホームに入所して退所することなく亡くなってしまった場合では、一般的には、生活の拠点も移動したものと考えられ、前述の特例は受けれないのですが、状況によっては、特例が受けれる場合がございます。

要は、生活拠点は移動せず、いつでも戻れるよう住居が維持管理されていることがポイントとなります。

そのために、次に掲げる状況が客観的に認められるときには小規模宅地の特例が受けられることとなります。


(1) 被相続人の身体又は精神上の理由により介護を受ける必要があるため、老人ホームへ入所することとなったものと認められること。

(2) 被相続人がいつでも生活できるようその建物の維持管理が行われていたこと。

(3) 入所後あらたにその建物を他の者の居住の用その他の用に供していた事実がないこと。

(4) その老人ホームは、被相続人が入所するために被相続人又はその親族によって所有権が取得され、あるいは終身利用権が取得されたものでないこと。


(注)

1 上記(1)について、特別養護老人ホームの入所者については、その施設の性格を踏まえれば、介護を受ける必要がある者に当たるものとして差し支えないものと考えられます。
 なお、その他の老人ホームの入所者については、入所時の状況に基づき判断します。

2 上記(2)の「被相続人がいつでも生活できるよう建物の維持管理が行われている」とは、その建物に被相続人の起居に通常必要な動産等が保管されるとともに、その建物及び敷地が起居可能なように維持管理されていることをいいます。


国税庁質疑応答URL:老人ホームへの入所により空家となっていた建物の敷地についての小規模宅地等の特例



親族の皆様におかれては、お父さんお母さんの家について、もし一時的に老人ホームに入ったとしても、いつでも帰ってこれるよう掃除等維持管理する必要があると思われます。



高澤
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

税理士 山下事務所 所員

Author:税理士 山下事務所 所員
税理士 山下事務所 
東京都中野区本町3-30-14
http://www.office-y-y.com/

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード