山下事務所 所員のブログ
税理士山下事務所の所員が持ち回りで日々の出来事を綴っていきます。
sala-g-kaisou.gif


『人さまがどれくらい給料をもらっているのか』
一度は考えたことがある事柄ではないでしょうか。


今も昔も、他人のサイフは気になるものだと思います。


上図は、国税庁が申告書から収集した
『民間給与実態統計調査結果(H22年)』の抜粋です。


実際に申告されたデータを基にしているため、
大法人から中小企業まで網羅されているので、
経済産業省などの発表するデータよりも実体を反映しているはずです。


グラフの詳細値は下記のようになっております。


無題


このブログをご覧のみなさまの給与は、
どこに分布していらっしゃいますでしょうか。


年収300万円以下の割合は40.5%、年収1,000万円以上の割合は3.8%

グラフを見ますと、男性では年収300~400万円台がボリュームゾーン、
女性では年収100~200万円台がボリュームゾーンとなっています。


全給与所得者に対する年収300万円以下の割合は、
男女計で40.5%(前年比-3.5%)、男性で23.4%(前年比-6.7%)、
女性で66.2%(前年比-2.2%)となっています。


平均年収300万円で、賃貸住まいで毎月の家賃を払っていたら、
車も持てないし、子供も生めないという声が聞こえてくるのも
納得ができます。


一方、全給与所得者に対する年収1,000万円以上の割合は、
男女計で3.8%(前年比-2.5%)、男性で5.9%(前年比-1.6%)、
女性で0.9%(前年比+28.5%)となっています。


1,000万円プレイヤーというのは人口の3.8%しかいないんですね。
現在の相続税が発生する割合が4%なので、ほぼ同じ数値ですが、
相関関係にあるのでしょうか。


奥山
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

税理士 山下事務所 所員

Author:税理士 山下事務所 所員
税理士 山下事務所 
東京都中野区本町3-30-14
http://www.office-y-y.com/

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード