山下事務所 所員のブログ
税理士山下事務所の所員が持ち回りで日々の出来事を綴っていきます。
今回は、不動産賃貸業を営む個人の方が、賃貸物件の屋上に太陽光発電設備を設置し、この太陽光発電設備で発電した余剰電力を電力会社に売却した場合の売却収入の申告について書きたいと思います。

不動産賃貸業を営む個人の方が太陽光発電設備による余剰電力を売却した場合の売却収入は、「不動産所得に係る収入金額」として確定申告をすることになります。

太陽光発電設備のうち買取制度の認定を受けかつ10kw以上など一定の要件を満たす太陽光発電設備については、エネルギー需給構造改革推進設備を取得した場合の特別償却または所得税額の特別控除及びエネルギー環境負荷低減推進設備等を取得した場合の特別償却又は所得税額の特別控除を受けることが出来ますが、これらの規定は事業所得を計算する上での特例規定ですので、今回のような不動産物件に設置した太陽光発電設備については適用を受けることは出来ません。




栗原
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

税理士 山下事務所 所員

Author:税理士 山下事務所 所員
税理士 山下事務所 
東京都中野区本町3-30-14
http://www.office-y-y.com/

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード