山下事務所 所員のブログ
税理士山下事務所の所員が持ち回りで日々の出来事を綴っていきます。
こんにちは。

今日は、風が強いですね。風が強いと事務所内の窓が開けられず、部屋の中が蒸し暑くて消耗してしまいます。


日本国内でのニュースではありませんが、今朝のYAHOOニュースにて、米俳優のジョン・トラボルタさんが、度重なるスキャンダルに続けて、女装写真が発覚したとのことで、妻で女優のケリー・ブレストンさんが精神的なダメージを受けており、離婚の危機にあるといった記事を目にしました。



日本国内において、夫婦が離婚したとき、相手方の請求に基づいて一方の人が相手方に財産を渡すことを「財産分与」といいます。


財産分与により財産を受け取った場合・渡した場合にも税務が関係するので、その点について簡単に触れたいと思います。




○財産を受け取った側の税金

基本的には、贈与税・所得税は課税されないのですが、一定の場合に課税されるケースがあります。


1.贈与税


離婚により相手方から財産を受け取った場合には、通常、贈与税は課税されません。


ただし、次のいずれかの要件に当てはまる場合には、贈与税が課税されてしまいます。


 ① 財産分与された財産の額が一切の事情を考慮してもなお過大である場合は、その過大である部分

注)財産分与が過大かどうかは、婚姻中の夫婦の協力によって得た財産の価額など、夫婦間のすべての事情を考慮した上で判断されます。


 ② 離婚を手段として贈与税もしくは相続税を免れるために行われたと認められる場合



2.所得税


 心身または資産に加えられた損害につき支払を受ける慰謝料は、所得税の範疇ですが、所得税法上、損害賠償金として非課税となり所得税は課税されません。


 慰謝料の相場については、インターネット等でも参考金額が入手できますが、夫婦間で争いになった場合、結局
のところ、最終判断は、裁判官の自由裁量にゆだねられてしまいます。


また、離婚に伴う慰謝料は、財産分与に含めた形で支払われるのが一般的です。


ケースバイケースではありますが、算定の際、重要視される主な事情は以下の通りです。


・離婚に至った原因や動機、不法行為の度合い(浮気が日常的に行われていたなど)
・精神的な苦痛の程度
・資産状況
・生活能力
・年齢・職業・収入・社会的地位
・結婚・別居期間




○財産を渡した側の税金

 財産分与が現金で行われた場合には課税されませんが、土地・建物などの不動産で行われた場合には、譲渡所得税の課税があります。


1.譲渡所得税

 財産分与として資産の移転があった場合には、その分与をした者は、その分与をした時において、その時の価(時価)によりその財産を譲渡したことになります。


 移転時の価額(時価)-取得に要した費用・譲渡に要した費用-特別控除額(※)=譲渡所得の課税対象金額


 (※)居住用財産の3,000万円の特別控除の特例など、一定の要件(財産分与時に離婚が成立しているなど一定の要件あり)に該当する居住用不動産を譲渡した場合には、その譲渡所得の金額から3,000万の控除を受けることができます。





独身貴族の私には関係の無い話ですが、一般的な知識として留意していただければと思います。



高澤
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

まとめtyaiました【財産分与】

こんにちは。今日は、風が強いですね。風が強いと事務所内の窓が開けられず、部屋の中が蒸し暑くて消耗してしまいます。日本国内でのニュースではありませんが、今朝のYAHOOニュースにて、米俳優のジョン・トラボルタさんが、度重なるスキャンダルに続けて、女装写真が発?... まとめwoネタ速neo【2012/05/28 20:35】

プロフィール

税理士 山下事務所 所員

Author:税理士 山下事務所 所員
税理士 山下事務所 
東京都中野区本町3-30-14
http://www.office-y-y.com/

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード