山下事務所 所員のブログ
税理士山下事務所の所員が持ち回りで日々の出来事を綴っていきます。
本日付けの新聞記事によると、
消費税率引き上げ後の住宅取得に掛かる負担軽減策を検討する民主党税制調査会の作業チームが18日、役員会の初会合を開き、具体策の議論を始めたとのことです。
具体策は12月に取りまとめる2013年度税制改正大綱へ反映することを目指すそうです。

住宅業界は商品価格の高さのため、増税の場合には日本の産業界の中で最大の影響を受けるものと考えられています。
何も対策がされなければ、駆け込み需要が終わったあと市場が縮小するのは避けられないと言われていました。
ここへ来て、その対策の具体化が始まった形です。

対策としては、住宅エコポイントの拡充や、現在は10年間となっている住宅ローン控除の期間の延長が想定されているようです。
個人的には、原発再稼動問題をはじめとして、日本のエネルギー政策の先行きが不透明なことを考慮して、省エネや創エネを重視した住宅を購入した人が恩恵を受けられるような改正を望みたいですね。

柳下

スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

税理士 山下事務所 所員

Author:税理士 山下事務所 所員
税理士 山下事務所 
東京都中野区本町3-30-14
http://www.office-y-y.com/

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード