山下事務所 所員のブログ
税理士山下事務所の所員が持ち回りで日々の出来事を綴っていきます。
今回は、所得税の所得控除の一部である障害者控除について書きたいと思います。
平成22年度の改正で障害者控除が見直しになりました。
平成23年分の確定申告から適用になります。

障害者控除とは、本人が障害者(特別障害者)である場合、又は控除対象配偶者(注1)や扶養親族(注2)のうちに障害者(特別障害者)がある場合において控除できる所得控除です。
控除できる金額は、障害者一人につき27万円、特別障害者については40万円となります。
これからが改正点なのですが、居住者の扶養親族又は控除対象配偶者が同居の特別障害者の場合には、同居特別障害者に対する障害者控除の額は、75万円となります。

ちなみに、平成22年の税制改正で平成23年分の確定申告から年少扶養親族(扶養親族のうち、年齢16歳未満の者)については、扶養控除の適用を受けることができなくなりましたが、障害者控除については年少扶養親族に該当する場合でも、適用されます。

注1 控除対象配偶者
  納税者の配偶者で納税者と生計を一にするもののうち、合計所得金額が38万円以下のものをいいます

注2 扶養親族
  納税者と生計を一にする次に掲げるもので、かつ合計所得金額が38万円以下であるものをいいます。
  ①納税者の配偶者以外の親族
  ②里親である納税者に委託された児童(年齢18歳未満)
  ③養護受託者である納税者に委託された老人(年齢65歳以上)


栗原
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

税理士 山下事務所 所員

Author:税理士 山下事務所 所員
税理士 山下事務所 
東京都中野区本町3-30-14
http://www.office-y-y.com/

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード