山下事務所 所員のブログ
税理士山下事務所の所員が持ち回りで日々の出来事を綴っていきます。
今日の新聞記事によると、民主党税制調査会は28日の総会で、自動車取得税(都道府県税)と自動車重量税(国税)の廃止または抜本的見直しを強く求めるなどとした2012年度税制改正重点要望を正式決定したとのことです。
同日の政府税制調査会に重点要望を提出し、政府が12月中に策定する12年度税制改正大綱に反映させるよう求めるそうです。

ここ数年、「若者の車離れ」が国内自動車販売の低迷の一因であるという論調をしばしば目にしてきました。
そして車離れの原因のひとつとして必ずやり玉に挙げられるのが、自動車税、取得税、重量税といった多くの自動車関係税の存在でした。

取得税や重量税が廃止又は大幅減税となれば、購入時や車検時の支出が減少し、若者でも車を買う上でのハードルが少し低くなりそうです。

いっぽう、もうひとつの原因として指摘されてきたのが、運転の楽しさを追求したスポーツタイプの車種が非常に少なくなったことでした。

こちらについては、自動車業界が最近対応する動きを見せてきており、たとえばトヨタ自動車は、昨日、低価格の小型スポーツカー「86(ハチロク)」を2012年春に発売すると発表しました。
「ハチロク」は初代が1983年に発売されてヒットしたのち、90年代にマンガ「頭文字D」で主人公の愛車として描かれたことで人気が再燃し、今でも中古車が高値で取引される人気車種となっています。

今回そのビッグネームを復活させることで、若者の車離れに歯止めを掛けようとの目論見があるようです。

自動車税制の改正とあわせ、どこまで若者にアピールできるか、大変興味深いですね。

しかし私自身は高い駐車場代を払う経済力がなく、当面自分のクルマを持てる見込みは立っておりません・・・。

柳下

スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

税理士 山下事務所 所員

Author:税理士 山下事務所 所員
税理士 山下事務所 
東京都中野区本町3-30-14
http://www.office-y-y.com/

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード