山下事務所 所員のブログ
税理士山下事務所の所員が持ち回りで日々の出来事を綴っていきます。
長引く不況により社員の新規採用に消極的になっている会社は少なくない。しかし、少し見方を変えると今は中小企業にとって優れた人材を採用するチャンスと言える。好況期であれば優れた人材は大企業にごっそり持っていかれてしまうが、不況のこの時期は大企業も採用枠を絞っているため、中小企業に良い人材が回ってくる確立が高くなるからだ。しかも今なら、新規採用を後押しする税制上の優遇措置もある。平成23年度税制改正で新登場した「雇用促進税制」がそれ。雇用促進税制とは、平成23年4月1日から同26年3月31日までの間に開始する事業年度において、前期末の雇用者数より2人以上、かつ、10%以上増加しているなど一定の要件を満たしている場合には、増加人数1人当たり20万円の税額控除が受けられるという制度(中小企業の場合)。適用に際しては、事業年度開始から2ケ月以内にハローワークに「雇用促進計画」を提出しておくこと。そして、事業年度中はこの雇用促進計画に基ずいて求人活動を行い、事業年度が終了したら、2ケ月以内に今度は雇用促進計画の達成状況を確認する手続きを取る。達成状況が確認された計画書がハローワークから返送されてきたら、そのコピーを法人税申告書に添付して税務署に提出するという流れだ。注意したいのは、雇用促進計画の達成状況の確認には相当の時間がかかるということ。だいたい2週間から時期によっては1ケ月程度かかることもあるので、法人税の申告期限に間に合うよう早目に提出を心がけたい。

                                       前田
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

税理士 山下事務所 所員

Author:税理士 山下事務所 所員
税理士 山下事務所 
東京都中野区本町3-30-14
http://www.office-y-y.com/

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード