山下事務所 所員のブログ
税理士山下事務所の所員が持ち回りで日々の出来事を綴っていきます。
お腹が空くと、力が出ない。。


食事を採れば力が湧いてくる。。


なぜ食べ物を食べるとエネルギーとなるのでしょうか。


それは、胃や腸で消化・吸収されて、
身体に取り込まれているからというのは半分正解で半分間違いです。


ガソリンも車に給油しただけでは、エネルギーとなりません。
(エンジンで点火されて爆発力がピストンを動かして、エネルギーとなります)


では、人間でいうところのエンジンとはどこになるのでしょうか。


先日、『体が若くなる技術』という本を読んで、この疑問が解決しました。


そのキーとなる存在が身体の各細胞の中にいるミトコンドリアだそうです。
ミトコンドリアは、細胞で必要となるエネルギー(ATP)を酸素と食事から
取り込んだ食べ物から合成してつくります。


つまり、ミトコンドリアが元気な状況を作り出すことが、
細胞の元気、ひいては身体の元気につなるのだそうです。


また、ミトコンドリアはエネルギー(ATP)を生成する際に、
酸素を消費しますが、酸素は酸化という現象を招きます。


いわゆる『活性酸素』というもので、酸化力が強く、
細胞や遺伝子を傷つけてしまうそうです。


また、細胞は新陳代謝という形で新たな細胞に生まれ変わっていきますが、
その際に、コピーミスが生じてしまうそうです。


このようにして、身体の細胞や遺伝子には、放っておいても、
ダメージを受けるインセンティブがあります。ところが、ミトコンドリアには、
異常な状態を修復する機能もあれば、細胞を消滅させる力も持っているそうです。


本著では、ミトコンドリアを強くすれば、身体の機能を最大限に高めて、
元気な細胞(身体)であるために、4つの提案をしています。


①ウォーキング②背筋を伸ばすこと③寒さを感じること④空腹になることの4つだそうです。


年齢や個人差により、一概には言えませんが、
しっかりとバランスのとれた食事をして間食をしない、
いつも背筋を伸ばして歩き回っている姿がイメージできます。


おじいちゃんおばあちゃんの原宿こと『巣鴨』にいけば、
このような元気なご老人がいらっしゃるような気がします。


自分は長生きをしたいとは思いませんが、
元気な身体でいられるように少しは取り入れたいなと思いました。


奥山
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

税理士 山下事務所 所員

Author:税理士 山下事務所 所員
税理士 山下事務所 
東京都中野区本町3-30-14
http://www.office-y-y.com/

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード