山下事務所 所員のブログ
税理士山下事務所の所員が持ち回りで日々の出来事を綴っていきます。
こんにちは。前回までは法人住民税について書き込んでおりましたが、今日からはしばらく個人住民税について進めていきたいと思います。


個人の住民税は都民税、道府県民税と市町村民税(東京都特別区は特別区民税)からなっています。
 一般に市民税と県民税を合わせて「住民税」、または「市県民税」と呼んでいます。個人の住民税は、住民にとって身近な費用を負担能力に応じて分担しあうという性格の税金であるところから、所得税よりも納める人の範囲は広くなっています。


 納付の方法としては、給料から天引きする特別徴収という方法と自分で納付する普通徴収という方法があります。


 また、所得税等は基本的には法人や個人が税金を自分で計算して納めるしくみとなっていますが、個人の住民税は市町村が計算して法人や個人に通知し税金を徴収する賦課徴収というしくみとなっています。


計算してくれるといっても本当にあっているのか不安になりますよね。何が計算のもとになっているかは何となく予想がつくと思いますが、いつの分をいつ払っているのかとか疑問ですね。


次回このあたりはご説明したいと思います。


原田 亮 

スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

税理士 山下事務所 所員

Author:税理士 山下事務所 所員
税理士 山下事務所 
東京都中野区本町3-30-14
http://www.office-y-y.com/

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード