山下事務所 所員のブログ
税理士山下事務所の所員が持ち回りで日々の出来事を綴っていきます。
こんにちは。


ブログ当番がまわってきました。
最近はブログの更新も頻繁にされていますが、この間所員旅行の様子がアップされていました。
相変わらずなメンバーで楽しく過ごして参りました。


旅行先の仙台などに保養所をお持ちの会社様もいらっしゃると思います。
そこで、会社が保養所を保有している場合とそうでない場合の住民税に何か異なる点はあるのでしょうか。


会社が赤字である場合でも均等割という税金(最低7万円、最大380万円)は納めなくてはなりません。
そして、その均等割は事業が行われている事務所が所在する地方自治体にだけでなく寮等が所在する地方自治体にも納付すべき税金となります。


例えば、東京のみで事業を行っている会社が仙台に保養所を保有している場合には、赤字で決算を組んだとしても東京と仙台の2箇所に均等割を納付することとなります。(最低7万円×2箇所、最大380万円×2箇所)


均等割の額は資本金や従業員数により異なりますので380万円となるには相当規模の大きい会社となりますが、7万円だけ払えばいいと思っていたものが、14万円になったら嫌な気分がしますよね。


次回からは個人住民税について進めていく予定です。


原田 亮
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

税理士 山下事務所 所員

Author:税理士 山下事務所 所員
税理士 山下事務所 
東京都中野区本町3-30-14
http://www.office-y-y.com/

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード