山下事務所 所員のブログ
税理士山下事務所の所員が持ち回りで日々の出来事を綴っていきます。
こんにちは。
所得税確定申告も終了し、新年度がもうすぐやってきます。


平成30年4月1日から酒税法等が改正され、一部の酒類において品目が変更になります。

○ビール定義改正の具体的内容

これまで、酒税法で規定されているビールの範囲は、次に該当するものであって、アルコール分が20度未満のものとされていました。

イ 麦芽、ホップ及び水を原料として発酵させたもの(以下、「イ号ビール」という)

ロ 麦芽、ホップ、水及び麦その他の一定の副原料(※1)を原料として発酵させたものであって、その原料に使用した麦その他の一定の副原料の重量の合計が麦芽の重量の100分の50以下のもの(以下、「ロ号ビール」という)

 ※1 「麦その他の一定の副原料」とは、麦、米、とうもろこし、こうりゃん、ばれいしょ、でん粉、糖類又は一定の苦味料もしくは着色料となっています。


今回の改正においては、ビールの定義について、①副原料の範囲、②麦芽比率、③ビールの製法、という3つの要件について一定の緩和が図られました。


具体的には、

①副原料の範囲については、「ロ号ビール」の副原料に関し、麦芽の重量の100分の5の重量の範囲内で、新たに「果実」や「コリアンダー等の香味料」が追加され、ビールの原料として使用することができるようになりました。


②麦芽比率については、「ロ号ビール」に関し、これまでビールの原料として使用する麦芽の重量のホップ及び水以外の原料の重量に対する比率が67%以上必要でしたが、これが50%以上に引き下げられました。


③ビールの製法については、「イ号ビール」または「ロ号ビール」にホップ又は一定の副原料(※2)を加えて発酵させたものを「ハ号ビール」として認めることとされました。

※2 イ号またはロ号ビールに加えることができる副原料はホップのほか、麦芽の重量の100分の5の重量の範囲内で、①で追加された「果実」又は「コリアンダー等の香味料」とされています。




ほか、果実酒にオークチップを浸してその成分を浸出させたものの品目は、従来「甘味果実酒」でしたが、
今回の改正で「果実酒」になります。

果実酒を蒸留したもの(アルコール分が95度未満)は「スピリッツ」から「ブランデー」に品目が変更になります。


高澤

税金のことでお困りですか?税理士 山下事務所にご相談ください!

Facebook 始めました
『いいね!』 よろしくお願いします!
スポンサーサイト
ビットコインのことを調べていたら、
個人や法人の資金調達の方法として、
クラウドファンディングなるものがあることを知り、
調べてみました。
クラウドファンディングとは、
個人や団体が理念や目的を掲げて、
インターネットを通じて不特定多数の賛同者から出資を募るものです。

例えばあるインターネットサイトにて、
飢餓に苦しむ子供たちへの支援を目的として個人や団体が寄付を呼びかけ、
目的や寄付金の使途などに賛同した人はサイト上の決済システムを通じて出資することができる、
といった仕組みがクラウドファンディングにあたります。

クラウドファンディングには他にも様々な形態があり、
例えば飲食店の新規出店資金を募って出資者には優待割引適用のほかオーナーとしての名刺を配布することや、
スポーツなどの競技大会での優勝を目指して活動するための資金を募って出資者には大会後に活動記録と記念品を贈るなど、
多様な形態で出資を募ることが可能です。
(ただし所定の期限内に目標金額を集められなかった場合、
その出資募集は不成立となり、出資を申し出ていた人にそれぞれの出資額が戻されます。)

クラウドファンディングには、
物品の贈呈やイベント招待など金銭以外のリターンを期待して出資される「購入型」
出資者が経済的な見返りを求めない「寄付型」のほか、
金銭的なリターンを期待して出資される「投資型」、
の3種類があるといわれています。

それぞれ税務は、
購入型の場合、資金提供者の税務はなく、資金調達者が個人の場合は所得税、法人の場合は法人税が課税されます。
寄付型の場合、個人から個人の場合は、資金提供者は税務はなく、資金調達者は贈与税が課税されます。
       法人から個人の場合は、資金提供者は法人税の一般寄付金、資金調達者は所得税の一時所得が課税されます。
       法人から法人の場合は、資金提供者は法人税の一般寄付金、資金調達者は法人税が課税されます。
       個人から法人の場合は、資金提供者は税務はなく、資金調達者は法人税が課税されます。
投資型の場合、資金提供者は出資の段階では課税はなく、資金提供者は法人の場合は法人税、個人の場合は所得税が課税されます。

三橋

税金のことでお困りですか?税理士 山下事務所にご相談ください!



Facebook 始めました
『いいね!』 よろしくお願いします!
外務省は、6/30、漫画の『ゴルゴ13』の主人公デューク東郷が海外での中小企業の
安全対策について、指南する漫画冊子の配布を開始しました。

ゴルゴ13というと個人的には読んだことがあるのですが、
外務省と一緒の企画で、漫画を配布するなど、驚きが隠せません。

興味がある方は、以下のURLから、
確認することができますので、海外出張を控えている方など、
ご覧になると、役に立つことがあるかもしれません。

自分は、実物の本を手に入れたいのですが、
外務省か旅行代理店にでも行けば、もらえるのでしょうか。。

http://www.anzen.mofa.go.jp/anzen_info/golgo13xgaimusho.html


奥山
こんにちは。

冬場だったら、「こんばんは」と挨拶してもよさそうな時間帯。
ですが、夏至を過ぎたばかりということもあって、まだ昼間の様な明るさですね。
本日は、山下事務所は1年に2回ある大掃除の日でした。
事務所もすっかりキレイになりました。
 
、、、キレイなところは。
 
私、個人的に掃除と洗濯がホント嫌いでして。
事務所全体の大掃除は仕方ないのでやりますが、まぁ、私の机回りの書類に関しては、、、はい。はい。
ま、そんな感じです。
そのうちやります。掃除します。
たぶん。

そうそう。
個人のことで言うならば、つい先週あたり、ただでさえ嫌いなのに、自宅の洗濯機がご臨終を迎えました。
うんともすんとも言いません。
おかげでコインランドリー通いが始まりました。
もううんざりです。
うんざりですが、仕方ないです。洗濯物抱えて通います。
汚れは付けたくないものですし、汚れた状態も嫌ですので。
 
汚れ、、、
汚点、という点で言うと、6月15日に、国税庁より「平成28年度査察の概要」が公表されました。
さらに、今年の4月から全国の国税局が脱税の疑いで検察庁に告発したすべての事案について概要を公表することとされていましたが、昨日、6月27日が、その初めてのケースとなりました。
 
くれぐれも、国税庁の発表を見て、同じ手口はしませんよう。
また、こんな形で世間に知られることの無いようにしたいものですね。
 
(匿名)

税金のことでお困りですか?税理士 山下事務所にご相談ください!



Facebook 始めました
『いいね!』 よろしくお願いします!

債権に関する民法改正が5月26日に国会で成立し、以下の点が主な改正となるようです。

◯債権の消滅時効が現行の10年から、債権を行使できることを知った時から5年間行使しないときに統一

◯法定利率が5%から3%に引き下げされ、3年毎に利率の見直しが行われる

◯金融機関からの融資で第三者を連帯保証人とする場合には、公証人による意思確認が必要

◯ネット通販等における約款の規定を新たに設け、相手方の利益を一方的に害するものは無効とみなす

◯賃貸住宅の敷金は原則借手に返還し、経年劣化による壁紙の傷みや畳の擦れ等の修繕は貸主側が負担する。

施行は公布の日(29年6月2日)から3年以内とされており、平成32年をめどに行われるとのこと。

なお民法の抜本的な見直による改正は、明治29年の制定以来約120年ぶりとのことです。

鈴木


税金のことでお困りですか?税理士 山下事務所にご相談ください!


Facebook 始めました
『いいね!』 よろしくお願いします!
続きを読む
皆さま、明けましておめでとうございます。
 
本日より、2017年山下事務所の業務開始です。
本年も、よろしくご指導ご鞭撻のほどお願い申し上げます。
 
2017年元旦
 
写真は、初日の、入り、位の時間帯の富士山。
元旦の夕方に、酔っぱらいながら携帯で撮ってみました。
なんとなく、おめでたそうな感じ、しません(笑)!?
 
本年が、皆さまにとって素晴らしい一年となりますよう。
 

山下事務所 所員一同



税金のことでお困りですか?税理士 山下事務所にご相談ください!


Facebook 始めました
『いいね!』 よろしくお願いします!
こんにちは。

すっかり冬めいてきましたね。寒いです。

さて、順番に回ってくるこのブログ当番。
この予定表を見たところ、
「ふむふむ、木曜日か。
そろそろ『はやしまる』の冬限定メニューでも始まってるだろうから、いっちょ写真撮りに行ってこようか。」
などと思っていたのですが。

が、どうも来週金曜25日位まで、臨時休業だそうな。
この寒い季節。
熱い、旨い「味噌らーめん」ネタをっとの目論見が、ものの見事に崩れまして。
仕方ないので!?真面目っぽいネタでも。

10月25日付けで、国税庁HPで、「国際戦略トータルプラン -国際課税の取組の現状と今後の方向」なんてものが発表されました。
まだ記憶に新しい、パナマ文書が世に出たことで、富裕層や巨大企業の租税回避が話題になりました。
このトータルプラン、ものすごく乱暴に言えば、
「国の枠組み越えて、公平に租税負担をさせるように取り組みます」
的な感じですかね!?
 
昨年、平成27年7月1日以降については、国外転出時課税制度なんて制度もスタートしています。
これまた乱暴に言えば、1億以上の有価証券などを持っている人は、国外に転出する時、または、その有価証券を国外の親類に相続・贈与させるときには、含み益部分のみなし譲渡税を払ってね、というもの。
どうにかして税金の取りっぱぐれの無い様に、という意図が見えますね。

これまでが古き良き時代だった、という方や、全く縁のない私、庶民の方と、いろいろ思うところはあるでしょうね。
近頃ではビットコインなんてものも決済手段として流通していることを思うと、まぁ、正直言えば、
「訳が分からん」
ってところ。

少なくとも、税務に関係するところはきちっとキャッチアップしておこうと思います。
「トータルプラン」たてます。

ウソです。
 
(真面目ネタでもなんでもない、雑談でした)土田




税金のことでお困りですか?税理士 山下事務所にご相談ください!


Facebook 始めました
『いいね!』 よろしくお願いします!

プロフィール

税理士 山下事務所 所員

Author:税理士 山下事務所 所員
税理士 山下事務所 
東京都中野区本町3-30-14
http://www.office-y-y.com/

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード