山下事務所 所員のブログ
税理士山下事務所の所員が持ち回りで日々の出来事を綴っていきます。
時折、訳アリ物件情報がネットニュース等で取り上げられることもある公売。
そんな公売に関する新着情報が国税庁HPにひっそりと載っておりました。
(国税庁HP:平成29年度第1回インターネット公売の実施について

広末涼子のCD-ROMから銀座の宅地まで、多種多様なものが揃っております。
興味のある方は是非。


淀(DVDではなくCD-ROM……時代を感じますね)


税金のことでお困りですか?税理士 山下事務所にご相談ください!


Facebook 始めました
『いいね!』 よろしくお願いします!
スポンサーサイト
昨年末、あるお客様の会社の経理の方がお辞めになりました。
その方は、ユーティリティープレイヤーでありながら、どの分野をとっても非常に高いスキルをお持ちで、野球界で例えるならダルビッシュのような、まさに『エース』と呼ばれるにふさわしい方でした。

その方がお辞めになられてから、初めての決算をつい先日終えました。
決算に向け、数か月前から準備を進めつつ、後任の方と協力して経理のシステムの再構築を図る中で、改めて『エース』の方のこれまでの努力や功績を感じるとともに、会計事務所の求められる役割を再考するいい機会になりました。


『~した』、『~ました』が続く稚拙な文章ですみません。


伊藤


税金のことでお困りですか?税理士 山下事務所にご相談ください!


Facebook 始めました
『いいね!』 よろしくお願いします!



4月になりました。
通勤電車に乗ると、新社会人や新入生が目に止まります。
そして電車もよく止まります。
今週はいたるところで急病人が発生していましたが、
通勤ラッシュに慣れていない人が多いからでしょうか。

さて、一般的に4月は新年度の始まり。
平成29年度となったわけですが、国の会計期間も平成29年度となりました。

源泉所得税の納付書を毎月記入されている方もいらっしゃるかと思います。
ご記入の際にはご注意ください。

無題

淀(いつのまにか中央線の通勤ラッシュにも慣れました)


税金のことでお困りですか?税理士 山下事務所にご相談ください!


Facebook 始めました
『いいね!』 よろしくお願いします!
おはようございます。

早いもので、あと少しで10月も終わり。
残り2カ月となりました。

 さて、来月11月は酉の市があります。
 酉の市とは、 江戸時代から続く年中行事。
開運招福・商売繁盛を願うお酉さまは、もと武蔵野国南足立郡花又村(今は足立区花畑町)にある鷲神社にその起源があるとされています。
 ご祭神は日本武尊(ヤマトタケル)で、その昔、東夷討伐の帰路に花又の地に立ち寄り、戦勝を祝したことが縁で、尊が伊勢の能褒野(ノボノ)で亡くなった後、神社を作りお祀りしたと伝えられているそうです。
中世に後三年の役(1083年)が起きると、兄源義家を慕って清原一族平定に向かった新羅三郎義光が、武具を奉納し、戦勝を祈願したことから武神として尊崇されるようになりました。江戸時代になると、日本武尊のご命日といわれる11月の酉の日に、武家は綾瀬川を船で上り、町人は徒歩か馬を使って詣でていました。しかし、江戸より遠かったため、千住の赤門寺で「中トリ」、浅草竜泉寺で「初トリ」が行われ、吉原を背景とする浅草の大鳥さま、大鷲神社と隣接する鷲在山長国寺が繁昌するようになりました(天明8年頃=1788年)。
「酉の市」は関東特有の行事ですが、静岡県浜松でも行われています。かつて徳川家康の駿河国の行事だったものが家康江戸入府とともに伝来したという説もあります。それが前述の起源と結びついて、武神としての信仰から、商人の守り神へと転化されたようです。
日本武尊を祭神とし、尾州徳川家に祀られたと伝わる新宿大鳥神社は、花園神社の境内に鎮座されています。その社紋(神社における家紋)は、「鳳凰の丸」が用いられています。
酉の市には開運熊手守、福財布、破魔矢(あたり矢)が授与されます。

商売繁盛を願うということから、個人で事業をしている方・会社を経営している方は熊手を買いに行く方が多いかと思います。
今年の酉の市は
11月11日 金曜日
11月23日 水曜日(勤労感謝の日)
となります。

今年は二の酉までしかありませんので、行かれる方はご注意ください。



税金のことでお困りですか?税理士 山下事務所にご相談ください!


Facebook 始めました
『いいね!』 よろしくお願いします!

長谷川
こんにちは。

今年も酒類販売管理協力員の募集が行われております。

酒類販売管理協力員……なんじゃそりゃ?って話ですよね。

酒類販売管理協力員とは……!
酒類小売販売場における未成年者飲酒防止に関する表示の遵守状況等を確認し、その内容を所定の用紙に記載して、業務を行う地域を管轄する税務署へ提出するお仕事です!

国税庁は酒類業の所管官庁なので、こういった調査もしているようです。
募集人数は全国で2,000名程度の狭き門です。
ご興味のある方は是非!





税金のことでお困りですか?税理士 山下事務所にご相談ください!


Facebook 始めました
『いいね!』 よろしくお願いします!
こんにちは。
桜の季節到来ですね。
お花見といえば……そう、お酒ですよね?

お酒に関する出版物は数多く存在しますが、今回ご紹介するのはコチラ。
国税庁課税部酒税課『酒のしおり』。

税収や税率、販売数量、製造工程図まで網羅!
若者の酒離れも具体的な数字で実感!
まさに『酒のしおり』!
その名に恥じない充実した内容となっております。

お酒好きの皆様、是非ご一読ください。





税金のことでお困りですか?税理士 山下事務所にご相談ください!


Facebook 始めました
『いいね!』 よろしくお願いします!
おはようございます。


2015年もいよいよ大詰めとなってまいりました。


今年も様々な情報を提供してまいりましたが、


来年もより一層お役に立てるよう税金に関する情報を中心に


皆様に提供していけるよう頑張りますので、ご愛読いただきますよう


よろしくお願い致します。


今年一年ありがとうございました。


よいお年をお迎えください。


さとう



税金のことでお困りですか?税理士 山下事務所にご相談ください!


Facebook 始めました
『いいね!』 よろしくお願いします!


週刊ダイヤモンドの7/18号でも特集されましたように、
「マイナンバー」に関する特集記事が、
雑誌や新聞などでも、多くなっております。


では、その影響はというと、
一体どういうものがあるのでしょうか。


先月の9/3には衆議院で、マイナンバーの範囲の拡大も可決されて、
平成30年から預金口座も対象となり、個人・法人の資産も透明性
が高まることとなります。


マイナンバーは、平成28年1月から制度ごとのシステムで付番されて、
平成29年から各システムの情報連携がなされます。
(つまり平成29年から、各種の情報が総合的にリンクします)


マイナンバーが始まると、一気に情報が連動するイメージがありますが、
実は、国税庁は、昔から法定調書という形で、様々な情報を集めていました。


その数は、59種類から構成されております。
(えっ、そんなに!?という印象ですが、税務署はこうした情報を集めていました)


代表的なものとして、「給与所得の源泉徴収票」や「報酬等の支払調書」などが知られておりますが、
その他にも、「不動産の使用料に関わる支払調書」、「特定口座年間取引報告書」、「国外送金等調書」
など、金融機関や保険会社、海外への送金など、多岐に渡って、情報収集を行っていました。
(割符のようなもので、申告された情報と辻褄が合わなければ、税務署から連絡があります)


これらにマイナンバーが振られることにより、税務署も一元的に情報管理が行えますし、
社会保障関連など今まで連動していなかった情報と連動することにより、
複合的な視点で、法人や個人の情報が整理されます。


正直に手続きを行っていれば、何も怖いものはないのですが、
情報が一元管理されるのは、何か気持ち悪くはあります。。


奥山


税金のことでお困りですか?税理士 山下事務所にご相談ください!


Facebook 始めました
『いいね!』 よろしくお願いします!

プロフィール

税理士 山下事務所 所員

Author:税理士 山下事務所 所員
税理士 山下事務所 
東京都中野区本町3-30-14
http://www.office-y-y.com/

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード