FC2ブログ
山下事務所 所員のブログ
税理士山下事務所の所員が持ち回りで日々の出来事を綴っていきます。
おはようございます。

ようやく気温も落ち着いてくるとの予報も出て

いますので、暑さもひと段落といったところでしょうか。


さて、今回は納税通信より売り上げの計上時期についての

記事をご紹介いたします。



” 売上の計上時期は一部の商品だけ引き渡し時へ変更できる? ”

 
 上記については、同じ会計処理を継続することを条件に、一部の

商品の売上の計上基準を「引き渡し時点」などほかの商品と異なる

基準に変更できます。 資産の売上への計上の時期は、取引先に

商品を「引き渡した日」とされています。この「引き渡した日」が

いつかという判断は、商品の種類、販売の形態、販売条件に

よってそれぞれ異なります。そのため、商品の種類ごとや、

取引先ごとに異なる計上基準を適用しても、その基準に係る

引渡の日が契約内容などに応じて合理的とみなされるもの

なら、その会計処理が認められます。

 (注意)検収基準を適用するのであれば、取引先から

     検収通知書をもらうなどの対応が必要です。


さとう


税金のことでお困りですか?税理士 山下事務所にご相談ください!

Facebook 始めました
『いいね!』 よろしくお願いします!
スポンサーサイト



続きを読む
昼寝をすれば、夜中に眠れないのはどういう訳だ。
お昼を食べれば、眠たくなるのはどういう訳だ。
 
世の中、不思議なことばかりですね。はい。
 
本日、台風15号の影響で交通機関に多大な遅れ等が出ています。
ただ、個人的には珍しく外出予定が無く、また、朝も雨が止んでいたので自転車出勤と、影響を受けず。
自転車漕げども漕げども向かい風が強くてなかなか前に進まなかった、というのはありましたが。
 
ま、とりあえず、そんな状況。
ですので、事務所に立ち寄ることなくお客様のところへ向かう所員が多かったりで、事務所の中は閑散としております。
お昼を食べて、その閑散とする中、、、眠くなりますよね。
眠いですよ。
 
なので、気分転換に作文でも。
ネットで、興味深いコラムを見付けました。

松屋銀座は、10月1日より16センチ四方のプラスチック製容器に入った二段重の人気キャラクターの「おせち」のインターネット予約を受け付けるそう。
「はろうきてぃのおせち詰め合わせ」(税込み1万800円)と「おせち詰合せ/ディズニー」(同1万2100円)です。
面白いのは、人気キャラクターが蓋にあしらわれている点は同じでも、「はろうきてぃ」の消費税の税率は8%なのに対し、「ディズニー」は10%になるそう。
 
原則、10月1日以降についても、食品の販売については軽減税率が適用され、8%の課税となります。
ところが、このディズニーの「おせち」は10%になっているので、食品以外のものが含まれていることになります。
 
国税庁のHPに記載されているQ&Aには、以下の様にあります。

飲食料品の販売に際し使用される包装材料及び容器(以下「包装材料等」といいます 。)が、その販売に付帯して通常必要なものとして使用されるものであるときは、当該包装材料等も含め 軽減税率の適用対象となる「 飲食料品の譲渡 」 に該当します。
ここでいう 「通常必要なものとして使用される包装材料等」 とは、飲食料品の販売に付帯するものであり、通常、飲食料品が費消され又はその飲食料品と分離された場合に不要となるようなものが該当します。 

つまり、使い捨て容器に入れての販売なら、食料品の販売として軽減税率適用というわけ。
ただし、今回の様なケースについては、以下の通り。

食品と食品以外の資産が一体として販売されるもの(あらかじめ一の資産を形成し、又は構成しているものであって、その一の資産に係る価格のみが提示されているもの )は、次のいずれの要件も満たす場合、その全体が軽減税率の適用対象となります(改正法附則 34 ①一、改正令附則2)。
① 一体資産の譲渡の対価の額(税抜 価額 )が1万円以下であること
② 一体資産の価額のうちに当該一体資産に含まれる食品に係る部分の価額の占める割合として合理的な方法により計算した割合が3分の2以上であること
 
つまり、そもそも重箱は使い捨てではなく、再利用が前提。
その上で、「はろうきてぃ」は食品の割合が2/3以上、かつ、消費税抜き1万円以下なので軽減税率8%。
しかし、「ディズニー」は消費税を抜いた時点で1万円超なので、食品の割合が2/3であったとしても標準税率10%になります。
 
もしも「ディズニー」の税抜き価格が1万円以下だった場合に、10%なのか8%なのかが気になります(笑)
 
 
 
(僕が買うなら両方使い捨て容器として8%にして欲しい)土田

税金のことでお困りですか?税理士 山下事務所にご相談ください!

Facebook 始めました
『いいね!』 よろしくお願いします!






消費税増税前に高い家電とかを買換え~って話を最近よく聞きます。
飲食店で今日のおすすめ=ロスなりそうな食材みたいに
家電量販店で今お買い得家電=さばけない不良在庫の可能性がありますので

安い買い物ではないので、選ぶ時は慎重に越したことはありません。

以前はまったく同じ飲食物の場合、店の中で食べるなら消費税10%
持ち帰り用なら消費税8%で購入額が変わるお話しをしました。
持ち帰り用で買って、気が変わってやはり店の中で食べても8%のままで、
追加徴収はされませんというのがポイントです。逆も然り

そして、なぜ持ち帰り用は8%かというと、消費税増税で国民のみなさんに
負担をかけてはいけない!という国の配慮とのことらしい、飲食物の持ち帰りや
お店で買う生鮮食品、飲料水等の飲食料品が生活必須品のため、消費税率を
軽減して10%から8%に下げました。
そうです!国民の日常生活の負担を増やさないのがそもそもの目的でした。
しかし、ちょっとおかしな話を目にしました。

以下、国税庁消費税軽減税率Q&Aより
酒税法に規定する酒類は、軽減税率の適用対象である「飲食料品」に該当しません。
したがって、酒税法に規定する「みりん」の販売は、軽減税率の適用対象となりません

そうです、塩、醤油、油などの税率は8%ですが、みりんは酒税法に該当したせいで10%です。
みりんをお酒として買って、飲みますか?飲みませんよね。当初の生活負担軽減の主旨が
どこへ行ったやら、この内容への不満で将来措置法でみりんはやはり8%となりますとか出たりして(笑

大倉

税金のことでお困りですか?税理士 山下事務所にご相談ください!

Facebook 始めました
『いいね!』 よろしくお願いします!






長~く引いた夏風邪がやっと治りました。めでたしめでたし

来月から消費税が10%に上がりますね。
お店等では「増税まで○○日!!!」の看板を出して購買意欲を刺激してきます。

どんな物の消費税が上がり10%になって、どんな物が8%のまま?
という方、朗報です。増税直前セミナーを開催致します。

■日 程:9月19日(木)セミナー 17:00~18:00(16:30受付開始)
              懇親会  18:00~20:00
■講 師:税理士 椿 隆 (東京税理士会神田支部所属)
      国税庁消費税担当官、税務署長等を歴任
■会 場:山下税理士事務所セミナー室
     住所:中野区本町3-30-14-201
■参加費:3,000円/1名
 追加1名につき2,000円
■問合せ:税理士山下事務所
金森(かなもり)セミナー受付担当
TEL:03-5351-0800
Email:info@office-y-y.com
電話での申込も可能、お気楽にご連絡ください。

ここでしか聞けないお話しがいっぱい!
是非ご参加ください。

大倉

税金のことでお困りですか?税理士 山下事務所にご相談ください!

Facebook 始めました
『いいね!』 よろしくお願いします!

こんにちは。
 
猛暑を過ごしてきた感覚では、今日は涼しいくらいですね。
過ごし易いです。
っと言いたいところですが、正直、風邪ひきそうな感じです。
月曜の晩に飲みに出たところ、昨日は臨死体験並みの二日酔いとなり。
まだその体調不良を引きずっているのか、とにかく体調が悪いです。
今日はさっさと帰るつもりです。

でも。
そう言えば、順番性で回ってくる当ブログの当番を一回すっ飛ばしていたことに気付き。
なので、こりゃ定時までの時間つぶしに丁度いいと書き始めた次第。
だからと言って、そんなに準備していたわけでは無いので、ざっくばらんに思いついたことを。
 
日々、会社を経営なさっている社長様などとお話しさせていただく機会が多い我々の職業。
利益が無ければ無いで辛いですが、利益が出過ぎて納税がキツイのも辛いところ。
よく分かります。
よく分かるのですが、少なくない頻度で目にするお客様の行動。
 
例えば。
5,000万利益で決算を迎えようとした場合。
仮に、ざっくり35%の税率の法人税に、600万の消費税納税と仮定。
法人税・5,000万×35%=1,750万
納税は、1,750万+600万で=2,350万
利益とキャッシュ残は一致しませんが、仮に5,000万のキャッシュ残としたならば、5,000万-2,350万=2,650万のキャッシュ残。

これを、「こりゃたまらん」と資金を投じて節税をした場合。
仮に3,000万の経費を使ったら。
法人税・(5,000万-3,000万)×35%=700万
消費税は、3,000万の8%分減ったとして、600万-3,000万×8%=360万
この時のキャッシュ残は。
5,000万-3,000万(節税投資額)‐(700万+360万)納税=940万
 
どうですかね!?
ものすごく乱暴な計算ですが、何も対策をせずに決算を迎えれば、2,650万のキャッシュ残となり、利益を積んだ分、会社の信用度も増します。
それに対し、節税のつもりで投資したら、キャッシュ残は940万となり、もしかしたら資金繰りが厳しくなるかも!?
納税資金として融資の実行を申し込んでも、当然に信用度は5,000万の利益計上に比べれば低くなりますよね。
 
会社を良くしようと思ったら、利益を出して納税することが必須です。
我々が節税対策を捻り出して考えることが、もしかしたら皆様の会社の資金繰りを悪くしているかも知れないと考える事があります。
 
皆さまはいかがお考えになりますか!?
 
(個人的には無駄な出費だらけ)土田

税金のことでお困りですか?税理士 山下事務所にご相談ください!

Facebook 始めました
『いいね!』 よろしくお願いします!
相続放棄をすると、借金などのマイナスの相続財産だけでなく、プラスの相続財産も相続できません。ただし死亡保険金は、受取人である相続人の固有の財産であり、死亡した被相続人が残す相続財産ではないため、相続放棄をしても受け取ることができます。死亡保険金は相続財産ではありませんが、みなし相続財産として相続税の課税対象にはなります。相続放棄をした人は、死亡保険金だけが相続税の課税対象となります。保険金を受け取った人が相続人なら「500万円×法定相続人の数」が非課税となりますが、相続放棄をした人は非課税とはなりません。

                                                             前田
おはようございます。

夏もそろそろ終わりの様相ですね。


今回は、二世帯住宅のリフォーム費用の話


親名義の家を二世帯住宅にして、同居をする子が
その二世帯住宅にするためのリフォーム費用を負担するということは
よくある話だと思います。


その場合、親名義の建物に対して、リフォーム費用を子が負担することとなり、
子から親に贈与税が課せられる可能性がございます。
何とも理不尽な話ですが、親が所有者の不動産の為、制度上そうなります。


そのような、贈与税を回避する為には、リフォーム前に、
家(建物)の名義を親から子に変えるなどしておけば、自身の家のリフォーム費用と
なるため、贈与という認識はなくなります。


名義を変える際は、売買や贈与が考えられますが、
贈与の場合の家屋の評価額は、固定資産税の納税通知書記載の評価額となりますので
木造住宅などの場合、経過年数にもよりますが、大きな税負担とならない可能性が
ございます。
※評価額が高い場合は、相続時精算課税制度の検討などもあります。

売買となる場合は、売買金額(いわゆる時価)の算定金額が問題となります。
実務上は、不動産鑑定評価などを用いることとなります。

売り手の親にも譲渡所得税がかかる可能性があり、子もその金額を支払うことと
なるので、金額にもよりますが、りフォーム費用負担も考えると、売買は現実的ではないかも知れませんね。


高澤

税金のことでお困りですか?税理士 山下事務所にご相談ください!

Facebook 始めました
『いいね!』 よろしくお願いします!

プロフィール

税理士 山下事務所 所員

Author:税理士 山下事務所 所員
税理士 山下事務所 
東京都中野区本町3-30-14
http://www.office-y-y.com/

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード